スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
 
 

二段階のお話

この世とあの世は二段階になっている。あの世と行っても「あちら」や「そちら」じゃない。
いつも、ハートのココにその世界がある。だって、自分が100m先に居る訳じゃないから。
ましてや1m先でもない。1cm先というものでもないんだ。いつも自分を感じるところに。

だから、みんなとも切り離せない話。自分には関係ないと思ってても関係してくる話。

誰も訊いてはいないけど、二段階っていうのはねぇ。簡単過ぎて見落としてる話かも。

解り辛く言うと、まだ名づけられてない赤ちゃんには、「お前にまだ名前は無い」と言っても、
その意味を赤ちゃんに伝えようがないって話。二回目の風景を感じないベビーに対して、
覚えた「常識」を失いそうになる時、空しさに襲われるよ、と言ったって解りっこない話なのさ。


全然、要約されていなかったね。もっと簡潔に言うよ。

完成済みの赤ちゃんを一度、未完成な大人にしないと帰り道は見つからない。

みんな、それを実感する為に生まれてくるんだ。骨身に染みるように骨付きになってさ。

執着するものがあるから自分が嫌な奴になるって事を、赤ちゃんは知らないから。
何も妬ましく思わない人に選り好みを教えようとしたところで無理があるんだ。

| 何を言ってるか解らない話 | 09:11 | comments(0) | - | - |
 
 

スポンサーサイト

| - | 09:11 | - | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT